自信教人信の記

〈じしんきょうにんしんのき〉阿弥陀如来の本願、浄土真宗の先生達の思想について、自らの信心、思索を深め、人にも伝えようとするものです。

宗教との出会いⅣ 〜神との繋がり方・キリスト教の歴史〜

今回は二つ、私がキリスト教徒ではない訳をお話しします。

 

神のいる場所、神との繋がり方

 

新約聖書の主役はイエスです。それは何故かと言うと、勿論、イエスが十字架の奇跡により神と人間との間に新しい契約を結んだと、記者達が考えているからです。イエスは生前から復活を予言しており、それがまさに履行されたという事実から、イエスは神に愛された神の子=救世主(キリスト)であったと思い至ったわけです。

 

イエスが生まれた頃、パリサイ人という司祭階級が神と人間との間のやり取りを牛耳っており、そこには多分に政治的・経済的な権益も存在していたようです。一般大衆はこの司祭階級を通してしか、神と接点を持つことが出来ませんでした(イエスが十字架刑に処された理由の一つは、イエスが彼らの特権的地位を批判し大衆の心を翻してしまったことでした)。そして、イエスが復活したという事実から、この十字架の奇跡とイエスの言葉を信じることで、神との関係を取り戻そうという流れが生まれたのです。

 

ここに、キリスト教の、神と人間との繋がり方のポイントがあります。人間は、イエス・キリストを通して神と接します。このことは、イエス・キリストを通してでなければ神と接することが出来ないということを意味します。イエスは神の子でありながら、神の存在を再び知らしめるために、人の子という姿でこの世に派遣されました。神は相変わらず人間とは遠いところにいます。イエスは近しい存在ではありますが、「永遠の命」を与えるという神は個人と直接関わることはありません。

 

私は、これはとても心細く、寂しいことと感じます。もしかしたら、このような感情から三位一体論(神=聖霊イエス・キリスト)が生まれたのかも知れません。けれども私は神のことをぼんやりと思うことが出来るだけで、生命感や安心を感じることは出来なかったのでした。

 

キリスト教の歴史

 

純粋なキリスト教によって生きようとするなら、旧約と新約の両聖書のみを根拠とすべきでしょうが、どうしても、キリスト教徒が人類史において行ってきた所業を見てしまいます。初期のキリスト教は、司祭階級のパリサイ人に独占されていた、神と繋がる道を取り戻そうとする宗教活動でした。それは支配階級からすると自分達の立場を転覆しようとする行為と映り、キリスト教徒は迫害を受け続け、地下で活動を続けるより他なかった時代がありました。

 

その後、キリスト教は支配階級に取り込まれ、大衆をまとめる手段となってしまいました。堕落したキリスト教徒は、聖地を奪還するという名目の侵略を行い(十字軍)、罪の赦しをお金で買い取り(贖宥状)、教理と異なった方法で大衆と接した人達を迫害したりしました(魔女狩り)。勿論カトリックの中にも純粋に信仰を求めている人が大勢いたでしょうし、実際キリスト教の内部からも宗教改革運動は起こりました。しかし現代に至るまで、キリスト教を信奉するという欧米の国々は侵略行為を繰り返してきました。これが現在の、憎悪渦巻く世界情勢の元凶であると私は考えています。

 

イエスは人間に、再び神と共に生きる可能性・在り方を教えました。しかし今や、イエスの教えは殆ど忘れ去られてしまったようです。この二千年で、キリスト教徒はどれくらいの人を殺してきたのでしょうか。聖書だけを信じて、自分一人だけで神を信仰するという道が無いわけではありません。西欧の古典的な著作を読めば、知識人の多くはこれを試みているのがわかります。ただ、自称だけかも知れませんが、キリスト教徒を名乗る同胞を導こうとしないのは無責任なことです。私はキリスト教の歴史や、キリスト教徒の行いを学んでいくにつれ、これは自分の手には負えないものだと知るようになりました。

 

手厳しい批判を加えてしまいましたが、上記の批判は「人間のどうしようもない性状」──名誉、権力、金銭、快楽への執着──に対してのものであって、決して、キリスト教を信仰し安心して生きている個人に対するものではないことを言明しておきます。ましてや、信仰を惑わせようとする意図は一切ありません。私に安心の道があるように、彼にも安心の道があるのですから。

 

今回はこの辺りで。

南無阿弥陀仏

宗教との出会いⅢ 〜神の性格〜

前回は、ヨハネ福音書の神と人間の関係と、浄土真宗の阿弥陀如来と人間の関係には似ているところがある、ということをお話ししました。それは、人間は自力や我執といった自らのはからいを捨てれば永遠の命を得る、という点でした。

 

ところが、私が現在、阿弥陀如来の本願を信じて安心して生きているのに対し、ヨハネ福音書を学んでもそういう様にはいかなかったのです。核心の部分が似ているのに何故なのか。それには色々な要因があったように思います。それらについて数回に分けてお話ししていきます。

 

本来はイスラエルの神である

 

新約聖書に至り、神は赦しの性格を得るようになり、万人に受け入れられやすくなりました。しかし、この神がイスラエルの神であることには変わりなく、十戒の「あなたには、わたしをおいてほかに神があってはならない」という項が消えたわけでもありません。キリスト教一神教と呼ばれているように、他の神々を排斥する性格を持っていることは明らかです。

 

日本で生まれ育った私には、万物に神が宿るという多神教のほうが馴染み深く、他の神々の存在を許さないような神は不寛容だなと単純に思いもします。

 

翻って仏教の方面から見ると、ヒンズー教の神々とは強大な力を持っているけれども、決して絶対的な真でも善でも美でもなく、むしろ位でいうと仏の下に当たります。インドのの神々と同じように、日本の神々もギリシャ神話の神々も、日本神話やホメロスの詩を見れば明らかなように、「絶対」という性格は持っていないようです。キリスト教の神も、元々は数多くいる神の一人だったのですが、イスラエル民族に安住の地を与える約束と引き換えに、自身のみを絶対の神として崇めよと迫ったのです。

 

新約聖書だけを読むと、キリスト教の神は全ての人間のための、唯一存在する神と見えなくもないですが、旧約聖書を完全に切り離して考えるのは非常にナンセンスです。人間が自分たちの都合のいいように、この神を作り変えていると言ってもいいでしょう。やはりこの神の代表的な性格は、他の神々を排斥するけれども、自身を信じ、敬う者には永遠の命・力を与える、というものだと思います。

 

キリスト教の教えを信じる人々にとっては、唯一絶対の神であることは間違いありませんが、信じない人にとっては数多くいる神の中の一人です。私はキリスト教関連の古典的な著作も沢山読みましたし、一度は韓国人宣教師の話を聞きに行ったこともあります。けれども、今に至るまで信じることが出来ていません。要するに「性格が気に入らないから信じる気にはならない」ということです。

 

今回は神の性格という観点から、私が信じていない理由の一つをお話ししました。「では、あなたが信じている阿弥陀如来はどうなのか?」という質問が挙がると思いますが、それについては何回か先にお話し出来ると思います。

 

南無阿弥陀仏

 

宗教との出会いⅡ 〜ヨハネ福音書〜

前回は、私がキリスト教と出会ったきっかけと、神の性格が旧約聖書から新約聖書へ移るにつれ、どのように変化していったかについてお話ししました。今回は、神と人間との関係、神と私がどう付き合っていくことになったかについてお話ししたいと思います。

 

ヨハネ福音書

 

キリスト教が人類の歴史に及ぼした影響については、専門の研究者の方々が多くいらっしゃるので、ここでは敢えて触れることをしません。ただ新約聖書ヨハネ福音書の中で、イエスが神と人間の関係に関して何を語っているのかは見たいと思います。ヨハネ福音書は私が大学生の頃に専門で研究していたこともあり、多少は詳しく話すことが出来ます。また、核心部分において浄土真宗の教えに通ずるところがあります。

 

私の卒業論文のテーマは「ヨハネ福音書におけるζωηとΨυχηの使用法」というものでした。ヨハネ福音書には、二つの別々の単語であるにも関わらず、同一の”命”という訳を与えられているものがあります。その一つがζωη(ゾーエー)で、もう一つがΨυχη(プシュケー)です。親切な日本語訳だと、”命”と”いのち”というように分けてくれているものもあります。

 

使用回数は圧倒的にζωηのほうが多く、この福音書が説こうとしているキーワードであることが読み取れます。反対にΨυχηは数えるほどしか使われません。さらに、ζωηには枕詞として「永遠の」という言葉がよく付されており、神的かつ肯定的なイメージを与えます。Ψυχηの使われ方は、「Ψυχηを捨てれば永遠のζωηを得る」や「自分のΨυχηを愛する者はそれを失う」等が代表的です。

 

私は、ζωηとΨυχηの使われ方から、次のような結論を導きました。ζωηは、「永遠の」や「得る」といった言葉が共に用いられることや、イエスがしきりに称揚することから、それこそが人間が求めるべき究極のものであり、神が人間に与える約束をしたものです。具体的に何を指すのかについては、最後の裁きの時に墓から蘇らされる約束なのか、「永遠の相」から人生を観察出来る精神状態なのか、日々を力強く生きていくことが出来る源泉なのか等々、諸説があります。Ψυχηは終始、不要なものとして扱われています。不要なものだけれども容易には捨てられない、そのようなものです。

 

ヨハネ福音書では、人間はΨυχηを捨てれば、ζωηを得ると宣べ伝えています。そして、これを証しするのが、イエスが十字架刑から復活した奇跡、つまりイエスは神に愛された子であり、キリストである、という事実です。神の子であるキリストが語っているのだから事実に違いない、ということです。ちなみに、新約聖書では十字架の奇跡を信じることが基礎中の基礎です。奇跡は理屈に合いません、それ故、信仰の躓きの石と言われるのです(「そんなことあるわけないじゃないか。全く信じられない。」と)。キリスト教は、その躓きの石に躓かないでさらに一歩踏み出せたところにある、と認識しております。

 

 

tachiwada.hatenablog.com

 

Ψυχηはこの回で触れた、自力根性や我執に近いものだということは、浄土真宗を勉強し始めてから気が付きました。キリスト教と浄土真宗の核心はよく似ているように見えます。しかし、当然のことながら他はまるで別です。我執を離れれば神に守られ力強く生きていくことが出来る、このフレーズだけは似ています。ただ、私にとってどうだったかというと…

 

続きは次回以降です。南無阿弥陀仏

宗教との出会いⅠ 〜キリスト教の神について〜

私と宗教との出会いは、16年前の高校一年生の今頃だったと思います。
 
ドストエフスキーから

 

有名な作家の本を読んでみよう、という単純な動機から、ドストエフスキーの小説を読み始めました。先ず最初に、一番その名が知れ渡っているであろう『罪と罰』に手を付けました。ストーリー自体が面白くどんどん読み進められるのですが、物語の中心にキリスト教の問題が存在しており、きちんと理解するためにはキリスト教を勉強しなければならないな、と気が付きました。その後も、他の作品をずっと読んでいくのですが、キリスト教の問題がどの作品にも含まれています。そこで、聖書の勉強を始めることにしました。

 
動機としては、ドストエフスキーをより楽しむためだったわけですが、勉強を続けていくと、実際に信仰するかどうかは別の問題として、神という絶対者と自分との関係は如何なるものか、という疑問が湧いてきました。大学では哲学科に所属し、新約聖書ヨハネ福音書を専門に研究している教授の講義を受けるようになりました。
 

キリスト教の神について

 
旧約聖書の神
 
旧約聖書の中で、神は預言者モーセに十戒という戒律を与え、自分を唯一の神として命令に従っていけば安住の地を与えるであろうと教えました。その十戒というのは、現代社会にも通用するであろう倫理道徳を示しています。以下、モーセが与えられた十戒です。
 
  1. あなたには、わたしをおいてほかに神があってはならない。
  2. あなたはいかなる像も造ってはならない。
  3. あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。
  4. 安息日を心に留め、これを聖別せよ。
  5. あなたの父母を敬え。
  6. 殺してはならない。
  7. 姦淫してはならない。
  8. 盗んではならない。
  9. 隣人に関して偽証してはならない。
  10. 隣人の家を欲してはならない。
旧約聖書 出エジブト記 20章)
 
5〜10は誰でも納得が出来ると思いますし、人間社会の法律にも通ずるところがあります。ところが、よくよく旧約聖書を読んでみると、この神はイスラエル民族(ユダヤ人)だけの神であって、他の人々には気を掛けない、むしろ冷酷非道ですらある、ということが分かってきます。ユダヤ人以外にとっては用が無いし、神のほうでもユダヤ人以外には興味が無いのです。すると、日本人である私はこの神と真剣に向き合う道理は無いということになります。
 
新約聖書の神
 
では何故、キリスト教が世界の様々な民族に受け入れられるようになったかといえば、新約聖書に至って神の性格が変質したから、と言えるのではないかと思います。興味の対象は相変わらずユダヤ人なのですが、それを殊更主張することがなくなります。
 
その理由は、新約聖書の主役がイエスだからです。旧約聖書が、イスラエルの歴史と、預言者が神から直接受け取った言葉を綴ったものに対し、新約聖書
  • イエスの生涯の物語
  • イエスが起こした数々の奇跡
  • イエスが人間の罪を贖い(贖罪)、キリストであると証明されたこと
  • 初期教会の伝道の話
を主な内容としており、神自身が前面に出て来ることが少なくなりました。また、復活したイエスの声を聞いたパウロに代表されるように、他民族に対するキリスト教(イエスがキリスト=救世主である)の伝道が始まりました。
 
こうして、新約聖書による新しい時代が幕を開けました。神は、イスラエルだけではなく人類全体の神になり、イエスを通じて人間を赦した、恵み深い神になりました。
 
今回は、キリスト教の神についてまとめたところで終わります。次回は、この神と人間の関係について、私がどのように考えてきたかをお話ししようと思います。
 

罪と罰

今回は、宗教における「罪と罰」の概念についてお話ししようと思います。

 
仏教における罪とは、人間本来の存在であるところの宿業の身を忘れ、妄想によって作り出された、妄想の世界で生きていることをいいます。自我に執着し(我執)、現在の自分がどうして存在するのかを忘れていることです。現象としては、前回話した、自分で出来ることとそうでないことを混同して生きている状態です。
 
キリスト教でも同様なことが言われています。所謂「原罪」と言われるものは、神の命に背いて知恵の実を食べてしまったことですが(旧約聖書 創世記)、個々の人間の罪とは、神と離れた状態、つまり人間の唯一の拠り所である存在を忘れて生きている事実を指します。人間は自身の力だけで生きている、という妄想です。
 
宗教における罪とは、人間の決め事である倫理・道徳から道を踏み外していることではありません。
 
そして、罪の果である罰とは、その妄想により苦しんでいること自体をいいます。自力を頼んで、どうすることも出来ないことに対して思い悩み、安心して生きていられないということです(キリスト教の方面からだと、キルケゴールが「絶望」と呼んでいるところの状態です)。我執という妄想の果である罰もまた妄想です。
 
宗教のエッセンスとは、その妄想を取り除き、「絶望」を排し、現在の環境に安んじて生きられるようにすることです。
 
安田理深先生は「不平不満があるのが地獄ではないですか。人間の世界に生きることに不平不満があるということから、解脱しなければならない。どんな境遇でも、地獄の中にあっても安楽であると、安心しておられる境地を見出したのが宗教です。」と言っておられます。(『信仰についての対話Ⅱ』51頁)
 
罪と罰」の基本的概念については以上の通りです。大雑把に話してしまったので、細かい点については今後、テーマとして取り上げたいと思います。
 

安心と不安と

私は、阿弥陀如来の本願を信じて、安心して生きているのですが、反対に、安心して生きていないとはどのようなことでしょうか。

 

安心が無い、というのは「不安を抱えつつ」ということでしょうが、これは恐らく、多くの人に当てはまることと思います。仏教では「生老病死」という4つの根元的な苦しみを説いていますが、現代の日本人にはその他にも、様々な苦しみや不安の種類があります。受験、恋愛、就職活動、人間関係、仕事、借金、等々。常に何らかの不安を抱きつつ生きています。

 

これらの不安の原因は一様ではありませんが、敢えて一言で言ってしまえば、「思い描いている理想の自分」と現実との隔たり、ということではないでしょうか。本来ならこんなはずではなかったのに… という感情が、大きな原因でしょう。どんなに一生懸命、努力をして、勉強をして、準備をして、人に気に入られようとして、寛容であろうとして、リスクを回避しようとしても、自分の思っているように事が進まない、それどころかますます悪くなっていく…

 

私達は小さい頃から、努力は報われるとか、夢は信じていれば必ず叶う、とか教えられてきますが、ほとんどの人にとって、これは現実からかけ離れた絵空事です。何故、努力は報われないのか。

 

しかし、そもそもこの問いの立て方が間違っているのです。何故、努力は報われると考えるのか。これが正しい問いです。複雑極まりなく、種々の外部要因が存在するこの世界で、自分の努力次第で何でも可能になると考えるほうが難しくはないでしょうか。

 

小さい頃から刷り込まれてきた思考法はなかなか変えることが出来ませんが、現実の側から見れば、それが妄想であることは明らかです。努力が報われ、夢が叶うのは理想ですが、それを真理であるとするのは、現実を歪めていることに他なりません。自分の力でどうにか出来ることと、それ以外のこととを混同して考えている、と言っていいでしょう。

 

しかしながら、自分の力だけを頼りに生きている人は、そういう考え方を聞いたとしても、他にやりようが無いのだから仕方ないと感じるでしょう。これはもっともなことです。浄土真宗に出会う前の私もそうでしたから。

 

今回は、こんな問題提起をしたところで終わろうと思います。追々、どうやって浄土真宗に出会って、安心して生きる道に至ったかをお伝えしようと思います。

 

南無阿弥陀仏

「自信教人信」と本ブログの目的

浄土真宗には、「自信教人信」という言葉があります。これは、阿弥陀如来の本願を自分が信じ、他の人にも信じるよう勧めることをいいます。

 

七高僧の一人、善導大師の『往生礼讃』に「みづから信じ人を教へて信ぜせしむること、難きが中にうたたさらに難し。大悲をもつて伝へてあまねく化するは、まことに仏恩を報ずるになる」とあるように、信を開いた人にとっての次のステージです。

 

阿弥陀如来の本願を信じるとは、皆さんよくご存知の「南無阿弥陀仏」という言葉に凝縮されています。相対的にして有限な、力無き自分を頼りにするのを諦め、絶対の力を持ち、善人・悪人関わりなく救って下さる阿弥陀如来を頼もう、ということです。

 

本ブログの主な目的は、自信教人信の実践にあります。私自身の信心を深めていくと共に、人生の問題に悩んだり、不安を感じながら生きている人に、安らかな気持ちで日々を過ごすことが出来る道をお伝えしていきたいと思います。

 

大変悲しいことですが、現在の日本には、生活問題、受験、就職活動等々で悩み苦しみ、自ら命を絶ってしまう人が大勢います。国の政策でも自殺対策は喫緊の課題で、様々な手を打っているようですが、「安心を与える」という宗教の主要な目的からいっても、この方面からのアプローチが同時並行で必要だと考えます。

 

私は阿弥陀如来を信じるに至り、それ以前と比べて、あまり物事に煩わされることなく、随分と平安に生きられるようになりました。少しでも多くの人が楽になることが出来ますよう。

 

南無阿弥陀仏