読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自信教人信の記

〈じしんきょうにんしんのき〉阿弥陀如来の本願、浄土真宗の先生達の思想について、自らの信心、思索を深め、人にも伝えようとするものです。

南無阿弥陀仏

法蔵菩薩の十八願

前回は、浄土真宗について一般に流布しているだろうイメージと、その問題点に関するお話をしました。死後の世界が有るのか無いのか、またどんなものであるのか。私は実際に行ったこともなければ、科学的に証明も出来ないと思いますので語ることはしません。…

浄土真宗の一般的イメージ

一般的に、浄土真宗のキーワードといえば「南無阿弥陀仏」と答える方が多いのではないかと思います。そして実際にキーワードなわけですが、このブログではそのことにあまり触れてきていませんでした。自己紹介と勉強方法を通して少しずつ宗教を紹介してきま…

「自信教人信」と本ブログの目的

浄土真宗には、「自信教人信」という言葉があります。これは、阿弥陀如来の本願を自分が信じ、他の人にも信じるよう勧めることをいいます。 七高僧の一人、善導大師の『往生礼讃』に「みづから信じ人を教へて信ぜせしむること、難きが中にうたたさらに難し。…