自信教人信の記

〈じしんきょうにんしんのき〉阿弥陀如来の本願、浄土真宗の先生達の思想について、自らの信心、思索を深め、人にも伝えようとするものです。

縁というもの

前々回のところで、浄土真宗の一般的なイメージというものをお話ししました。私が現在安心して生きている基となっているのは、親鸞聖人にその由来があるとはいえ、明治期に清沢満之(まんし)という方が再興した思想なのだということを、ここに記しておきます。


暁烏敏、曽我量深の両先生は清沢先生の教えを受けています。暁烏先生は、メジャーどころである講談社学術文庫の『歎異抄講話』によって昔から知っていました。しかし、清沢、曽我、安田先生を知ったのは去年のことです。日本史の教科書にも載っていなかったと思いますし、『歎異抄講話』でも言及されていなかったはずです。もっと前からその存在を知っておくべきだった稀有な先生方ですが、私は30歳を過ぎてからようやく教えてもらったわけです。そして、どうして教えてもらったかといえば、本当に偶然の出来事からなのでした。


新宿の紀伊国屋書店で、暁烏先生の書いたものを探していると、一人の老人が声を掛けてきました。曰く、「清沢満之に興味があるのなら、是非この安田理深の本を読んでみて下さい。清沢満之、曽我量深の流れを汲んでいます。清沢満之と似て論理的で、私が編集をしたものでもあります」。いきなりセールスを仕掛けられて驚き、また清沢先生に特に興味があったわけでもなかったのですが、率直さに圧されて俄かに面白そうだと思い、結局その本を購入して帰りました。それが『信仰についての対話』でした。そして安田先生から波及して、清沢、曽我先生の本も読んでいます。


あの老人の勧めがなかったら、三人の先生との出会いはもっと後になっていたでしょうし、出会わずに死んでしまっていたかも知れません。縁とか運命とかは不思議なものです。悪いこともあれば、この件のようなこともあります。もしかすると如来の回向が働いたのかも、なんてことも思ったりしました。


南無阿弥陀仏